<参画者募集!>

<参画者募集!>
★①熊本地震復興支援活動@益城町★ &
★②東日本大震災復興支援活動@陸前高田市★
上記2ヵ所の復興支援活動の参画者を下記の通り募集いたします!
年末にかけてのお忙しい時期かと存じますが、ゼヒ!ご参画くださいますようヨロシクお願い申しあげますm(__)m
①【熊本】(ミニライヴ&たこ焼き交流会)
(1)期日:2016年12月16日(金)(遠方からの参画者は15日に熊本入り。日帰り参画可)
(2)場所:益城町の仮設団地を予定(決定次第通知します)
(3)内容:(1)門松良祐ミニライヴ♪
(2)たこ焼きの振る舞い
(4)(大阪からの)基本行程)
往路は15日(木)14:20伊丹発ANA1627→15:40熊本着。到着後、食材等買い出しの後、熊本市内で宿泊(コンフォートホテル熊本新市街)。
復路は16日(金)18:15熊本発ANA0528→19:20伊丹着。
※九州ふっこう割を利用するとリーズナブルに行けます!http://kyushu-fukkou.jp/
※各種手配はご自身でお願いいたします。
(5)経費:往復交通費、宿泊費、食費は各自でご負担いただきます。(上記ふっこう割がおススメです!)*現地での移動は応相談。
(6)持ち物:1.エプロン、2.マスク、3.軍手、4.帽子やバンダナ等の頭髪(頭皮)を覆う物、5.タオル(個人用と、布巾や雑巾に使用する寄付用1枚)、6.その他必要と思われるもの
(7)参画者募集人数:熊本県内から10人程度、熊本県外から10人程度。
(8)参画申込方法:(1)名前 (2)連絡先 (3)県外から参画の方は往復の行程を明記の上、当会fbページ、または当会代表幹事:石﨑博敍へのメッセンジャーでお申し込みください。(定員に達し次第締め切ります)

②【東日本(陸前高田市)】(たこ焼き交流会+α)
(1)期日:2016年12月23日(金)~25日(日)(23日は移動日)
(2)場所:岩手県陸前高田市の仮設団地を予定(決定次第通知します)
(3)内容:(1)たこ焼きの振る舞い
(2)その他
(4)(大阪からの)基本行程)(代表幹事の行程ですので、各自の行程はご自由にご自身で手配願います。*現地での移動は応相談)
往路は23日(金)15:00伊丹発ANA3153→16:10仙台着。到着後、亘理町に預けている器材搬出と食材等買い出しの後、陸前高田市内で宿泊(鈴木旅館を予定)。
復路は器材預けの都合上、25日(日)18:05福島発ANA1698→19:20伊丹着。(一般的に仙台(駅・空港)利用で結構です)
(5)経費:往復交通費、宿泊費、食費は各自でご負担いただきます。
(6)持ち物:1.エプロン、2.マスク、3.軍手、4.帽子やバンダナ等の頭髪(頭皮)を覆う物、5.タオル、6.その他必要と思われるもの
(7)参画者募集人数:10人程度
(8)参画申込方法:(1)名前 (2)連絡先 (3)往復の行程を明記の上、当会fbページ、または当会代表幹事:石﨑博敍へのメッセンジャーでお申し込みください。
※上記2ヵ所とも、実施場所と日程詳細が決まり次第、対象仮設団地入居者の方にはチラシを配布してお知らせいたします。
※予定は、諸事情や都合により変更する場合があります。
以上

2016 裏磐梯サマーキャンプwith楢葉&美里の子どもたち♪5 参加者募集!!

今年も開催します。元気な笑顔に出会えることを、お子さんたちと楽しい時間を過ごしたいと思います。

7月28日(木)~29日(金)
対象:楢葉町と会津美里町の小中学生、およびその兄弟姉妹
(保護者同伴のご参加も大歓迎です!!)
会場:五色パラダイスキャンプ場
(裏磐梯ユースホステル)
http://homepage3.nifty.com/urabandai/camp.html
バンガローに宿泊(寝具有り)
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯 1093
tel 0241-32-2811 fax 0241-32-2813

参加費:一人3,000円
(参加費に含まれるもの:宿泊費、食費、バス代、保険代)

持参品:着替え・洗面道具・虫さされ予防薬品(スキンガードなど)・タオル(洗面用以外に野外活動
での汗拭き用と)・スポーツタオル又はバスタオル・常備薬・その他必要と思われるもの

日程:28日(木)10時30分いわき市内出発・11時会津美里町出発~(バス移動)13時30分開会
集合場所:

いわき=10時半までに楢葉町いわき仮設小中学校駐車場、
会津美里=11時までに宮里仮設住宅ふれあい館前)
(この日の昼食は、各自で済ませるか、お弁当等を持参の上バス車中でお召し上がりください)

29日(金)13時頃(昼食後)閉会~14時30分頃会津美里町解散・15時頃いわき市解散

申込方法:名前、学年、性別、保護者名と連絡先、集合場所(いわき or 美里 or 直接現地)
を明記して sinsai@sien-t.info または FAX:072-361-8776 または郵送で
〒970-8031福島県いわき市平中山字柳町102番地 ㈲梶原測量設計気付 震災支援を続ける会まで。(7 月 10 日必着)

(当日は、別紙「健康チェックカード」に必要事項をご記入の上、参加費と共にご持参ください)
※食事は、カレーライス(夕食)、たこ焼き・焼きそば(昼食)他を予定しています。
主催:震災支援を続ける会他
お問合せ

代表幹事:石﨑09015868970
事務局長:小滝09011447045

 

健康チェックカードは→健康チェックカード

申込用紙は→参加申込書

チラシ→16案内チラシ

仮設住宅用 生活用品セット 納入品サンプル

東北で提供した物品です。容量・大きさ・材質などの違いがあってもかまいません。下記と同等のものをご提供ください。

食器用洗剤は下記に列記しておりません。市販の物でしたら銘柄等問いませんのでよろしくお願いいたします。

 

魔法瓶 湯沸かし機能ナシ

img_4413

お椀

img_4414

菜箸

img_4415

やかん(実質量1.7リットル)

img_4416

茶碗

img_4417

img_4418

コップ

img_4419

スプーン

img_4421

皿 大(直径20cm)

img_4422

湯飲み

img_4423

皿 小(12.5cm)

img_4424

ナベ 小(18cm)

img_4425

急須

img_4426

しゃもじ

img_4427

ナベ 大(直径20cm)

img_4428

フライパン(直径26cm)

img_4429

フライ返し

img_4430

包丁

img_4431

まな板

img_4432

スポンジ

img_4433

お玉

img_4434    

 

 

 

拡散希望!! 2016年熊本地震支援活動!

2016年熊本地震被災者宛「生活用品セット提供」(第1次)についてのお願い

震災支援を続ける会は、東日本大震災の時に、多くの方々のご協力をいただき宮城県亘理町に1,162セット、福島県新地町に580セット、福島県楢葉町に1,416セット、合計=3,158セットの生活用品セットを送らせていただきました。
この度の熊本地震でも大きな被害があった阿蘇郡西原村には200戸、上益城郡益城町には2,000戸の仮設住宅が建設される予定です。
仮設住宅は県(行政)が建設し、家電製品等も用意されますが、実際に生活する上でのキッチン用品や食器類はありません。よって、入居されてもすぐに日常生活を送れるように「生活用品セット」が必要とされます。
つきましては、2016年熊本地震に係る支援活動として、同県西原村と益城町の仮設住宅建設に入居される方々に「生活用品セット」を提供すべく、下記の要項で物品、並びに物品購入資金の募集を開始いたします。
皆さまも様々なご縁で、もう既にご支援をされておられることと思います。その意味では重ねてお願いすることになりますが、広く各地・各団体・有縁の皆さまのご協力を賜りますよう何とぞ宜しくお願い申しあげます。

【生活用品セット募集要項】
①提供先:(1)熊本県阿蘇郡西原村(200セット)、(2)同県上益城郡益城町(2,000セット)
②募集品目:(1)プラスチック製衣装ケース(以下の品物を入れるものとして)
(2)茶碗×4
(3)湯のみ×4
(4)お箸×4
(5)お椀×4
(6)コップ×4
(7)お皿【大】×4
(8)お皿【小】×4
(9)スプーン×4
(10)急須
(11)しゃもじ
(12)包丁
(13)まな板
(14)なべ【大】
(15)なべ【小】
(16)フライパン
(17)やかん
(18)菜箸
(19)フライ返し
(20)おたま
(21)ステンレスボトル
(22)食器用洗剤
(23)スポンジ
(24)タオル(梱包に利用します)
※上記の物品がセット内容となります。(2)~(23)の物品をセットにして配送するために下記のご支援をお願いいたします。無理のない範囲で結構です。よろしくお願いします。
③第1次締切:2016年5月末日

(1)物品によるご支援
セット完了品(ケースを含む24品目全てが揃ったもの)はもちろんのこと、単品でのご提供も受け付けております。ただし、被災者の皆さまにお使いいただく生活用品であることを踏まえて、下記のガイドラインに添ってご支援いただきますようお願いいたします。
①すべての物品につきましては、新品・未使用品とさせていただきます。この点は厳守願います。
②各寺院や個人にて24品目全てのセット(ケース含む)をご用意いただける場合は、最寄りの下記収集拠点へご送付願います。なお、中四国・九州地方の方は福岡拠点へご送付ください。セット済みのものがある場合は必ず当会まで個数をお知らせください。セット済みのケース内側には、「目録」の添付をお願いいたします。
申し訳ありませんが、送料のご負担のほどよろしくお願いいたします。
③セット内容の指定の物品(茶碗・湯のみ・皿など)に関してましては、極力明示している個数での提供をお願いいたします。色・柄の違いは問いませんが、出来る限り同じ大きさの物が好ましいです。2個セットや端数でも構いません。
④最寄りの収集拠点に発送いただく場合、申し訳ありませんが送料のご負担をお願いいたします。発送前に必ず収集場所、または当会まで物品名・数量をご連絡ください。
(連絡先:石﨑博敍090-1586-8970(ショートメール可)、crew3hiro@gmail.com)
また梱包は破損等の無い程度で環境に配慮いただければ幸いです。梱包材料が増え、処分費用がかさむことは本末転倒となります。
⑤発送伝票や目立つ場所に内容物品と個数の明記をお願いいたします。
⑥ご支援いただく生活用品は、必ず最寄りの収集拠点にご送付ください。
⑦収集拠点:
A〒533-0032大阪市東淀川区淡路5-11-17 淡路老人介護福祉施設ビハーラ内 震災支援を続ける会宛 電話06-6370-5501
B〒838-0122福岡県小郡市松崎853 眞浄寺本堂裏 三好慶祐 宛 電話0942-72-3708
○。ご参考いただければと存じます。
○また、寺院・諸団体から関係者の皆さまへ配布するサンプル書面も当会ホームページに掲載しています。ご活用ください。

(2)活動支援金のお願い(物品購入資金も含む)
東日本大震災の時には、第1次では緊急を要したため、全物品を業者発注した関係もあり、一口10,000円としてご支援をお願いいたしました。この度は、物品収集を中心とした活動となりますが、新品・未使用品をご提供いただくということで、全品目計2,200セット分収集できない可能性もあります。また、極力経費をかけずに活動する所存ですが、運営上の経費(運賃等)や不足する物品の購入資金が必要になると思われます。
つきましては、活動支援金、不足する物品購入資金のご支援をお願いいたします。
1口1,000円とし、口数は問いません。ご支援いただける方は当会宛にメール・FAX(072-361-8776)にて、お名前・ご住所・連絡先・口数のご連絡をお願いいたします。
送金方法は口座へのお振り込み、または現金書留にて受け付けております。
・振込先:三菱東京UFJ銀行 中もず支店(店番456)
普通 口座番号0137055
震災支援を続ける会 代表幹事 石崎博敍
シンサイシエンヲツヅケルカイ ダイヒョウカンジ イシザキヒロノブ

・現金書留:〒587-0065 堺市美原区小寺827 石﨑博敍
電話090-1586-8970 FAX 072-361-8776

※なお、郵送等で広報・拡散していただけるように、文書ファイルもございます。御入用の方はご連絡いただければメールでお送りしますので、印刷してご利用ください。
※お問い合わせは、石﨑まで。090-1586-8970 crew3hiro@gmail.com

以下に関係書類をアップしましたのでご利用ください。

配布用書面

生活用品セット目録

用生活用品セット募集要項

 

熊本・大分地震

この度の熊本・大分地震において被災された方々に衷心よりお見舞い申しあげます。
主に東日本大震災復興支援活動を行ってまいりました震災支援を続ける会ですが、この度の震災も看過することができず、当会の初期対応として下記の通り活動してまいりたいと存じます。

①各避難所における物資支援について
情報が錯綜しており、何処で何が不足しているのかが掴めない状況下で確実な物資支援が出来かねております。
つきましては、被災地近隣の当会にご縁のある関係者で、実際に避難所に支援物資を届けていただくことができる方がいらっしゃいましたら、支援物資購入資金や運搬費用等を当会から援助させていただきたく存じます。
代表幹事:石崎(090-1586-8970)、幹事:井上(090-4382-6180)、または事務局長:小滝(090-1144-7045)までご連絡ください。詳細についてご相談させていただきます。

②現地入りしての諸活動について
二次災害を考慮して、現在は現地入りしての活動を控えております。受け入れ態勢の有無に関わらず、要請があれば現地入りしての活動いたします。その際には広く参画者を募集いたします。
また、炊き出し等の備品をお貸しいただける方がいらっしゃいましたらお知らせください。
私たちにできることがあれば、可能な限りお手伝いさせていただく所存です。情報やご要望をお寄せください。

最後に、東北の被災地も厳しい避難生活を余儀なくされていらっしゃる方がまだまだ沢山いらっしゃることを私たちは忘れません。

☆★参画者大募集★☆

☆★参画者大募集★☆
5年目の東日本大震災復興支援活動第1弾は「裏磐梯サマーキャンプ5(仮称)」&「荒浜ロックフェス@亘理」です!
それぞれに参画者を募集します!
皆さまのご協力、何とぞ宜しくお願い申しあげますm(__)m

★Ⅰ「裏磐梯サマーキャンプ5(仮称)」スタッフ募集要項
①期日:2016年7月28日(木)~29日(金)
②場所:裏磐梯ユースホステル・五色パラダイスキャンプ場
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ヶ峯1093
TEL:0241-32-2811 FAX:0241-32-2813
URL:http://homepage3.nifty.com/urabandai/
※寝具はあります。
③内容:Aプログラム運営スタッフ
B参加者の班担当
C食事係
Dその他
④基本プログラム(案)(時間、内容は変更する場合があります)
7/28 13:30開会
14:00お楽しみプログラム♪①
16:00夕食準備
18:00夕食
19:30夜のお楽しみプログラム♪
20:30入浴、夜食~順次就寝
22:00消灯~スタッフミーティング~夜回り
7/29 6:00起床・洗面、荷物整理
7:00朝食
8:00お楽しみプログラム♪②
11:30昼食
12:30閉会、参加者散会~後片付け
⑤基本参画行程(案)(時間等は変更する場合があります。参画方法は下記以外でも可。
また、本隊利用の下記の伊丹空港発着に限りチケット等は当会で手配いたします)
【7/27】≪先発隊≫11:00伊丹空港発ANA3175便で空路福島空港へ(12:05着予定)(運賃=¥16,200-~¥20,400-)⇒レンタカー(当会手配)で移動。前日準備の後、会津若松泊。
【7/28】≪後発隊≫ 8:15伊丹空港始発のANA1695便で空路福島空港へ(9:20着予定)(運賃=¥16,200-~¥20,400-)⇒レンタカー(当会手配)で上記会場へ移動(11:20頃到着予定)⇒全体ミーティング、準備、開会。
【7/29】 午後1時頃プログラム終了、後片付け~移動⇒18:15福島空港発のANA1698便で伊丹空港着(19:25頃)(運賃=¥18,900-~¥23,400-)、解散
⑥経費:往復交通費と参加費(3,000円を予定)
⑦募集人数:40人程度(定員に達し次第締め切ります。また参加人数やプログラム内容による調整で変動することがあります)
⑧持参品:1 泊2 日のキャンプに必要と思われる個人備品(着替え等)、バスタオル、タオル(入浴用と汗ふき用)、個人用常備薬、懐中電灯、虫よけスプレー、個人用飲料水等、マスク、軍手、その他必要と思われるもの
※食事係の担当は、エプロンと帽子{バンダナ)等頭皮を覆うもの、マスク。
※詳細は参画申込者に改めてお知らせいたします。
⑨申込方法:下記の項目を明記の上、当会facebookページのメッセージか、石﨑博敍宛のメッセージまたはメールでお申し込みください。
(1)名前(フリガナ)
(2)年齢
(3)先ず、≪先発隊≫or≪後発隊≫(前日入りか当日入りか)を明記
(4)往復参加方法:
A上記伊丹空港発着のANA便
B各自(各会)で参加
(参加方法           )
Cその他(  )
(5)希望する役割(※希望に添えない場合もあります)
Aプログラム運営スタッフ
B参加者の班担当
C食事係
Dその他
※なお、航空会社による割引航空券発売時期が早まっており、安めの運賃の残席が残り少なくなってきておりますので、お申し込みは出来る限り早めにお願いいたします。

★Ⅱ「荒浜ロックフェス@亘理」
①期日:2016年7月30日(土)
②場所:宮城県亘理町
③活動内容:当該イベントでのたこ焼き販売
④基本日程(案)
【7/29】≪先発隊≫は、夕刻に亘理町入りし亘理泊。
【7/30】≪後発隊≫は、午前9時頃までに亘理入りし、≪先発隊≫と合流の後、準備・仕込・販売。
終了後、帰宅組は帰路に、居残り組は亘理泊。
⑤経費:各自往復交通費と宿泊費、食費(一部補助を検討します)
⑥申込方法:下記の項目を明記の上、当会facebookページのメッセージか、メールでお申し込みください。
(1)名前(フリガナ)
(2)年齢
(3)参画日程:A7/29~31、B7/29~30、C7/30~31、D7/30のみ。のいずれかを明記してください
以上

震災五周年追悼法要&たこ焼き・焼きそば交流会

震災支援を続ける会は、本日3月11日(金)福島県会津美里町にある同県楢葉町の宮里応急仮設住宅で「震災五周年追悼法要&たこ焼き・焼きそば交流会」を実施しました。

12814066_1036269383119609_7666989399322800710_n

5年前の2011年3月11日(金)午後2時46分マグニチュード9.0、最大震度7の観測史上最大の地震により15,894人が亡くなられ、2,562人が行方不明になりました。震災関連死されたのは3,407人です。
また、東京電力福島第1原発事故が起きました。
今もなお、プレハブ等の応急仮設住宅での生活を余儀なくされている方々は、福島県が9,588世帯・18,322人(入居率57%)、宮城県が11,125世帯・23,763人(同51.3%)、岩手県が7,653世帯・16,223人(同57.9%)、計28,366世帯・58,308人いらっしゃいます。(避難者総数は17万7866人)

今回は、福岡・和歌山・大阪・京都・新潟・福島から15人の参画者でした。
たこ焼きと焼きそばは各210食分を提供。
追悼法要には約50人がお参りくださいました。

追悼法要での、私たちの思いを仏様に申し上げる「表白」をご紹介し、今後の決意を表したいと思います。

表白

敬って
ご本尊 南无阿彌陀佛に申しあげます

本日ここに
福島県会津美里町 宮里応急仮設住宅において
有縁の皆さまとともに
懇ろに経典を読誦して
東日本大震災物故者の方々を追悼する法要をお勤めいたします

五年前の三月十一日
午後二時四十六分に起きた地震
その後の津波によって
かけがえのない 多くのいのちが奪われ
残された人々に 今なお
大きな悲しみと苦しみを残しています
また東京電力福島第1原発事故が起こり
避難を余儀なくされた方々が
沢山いらっしゃいます
そして本日の午後二時四十六分を迎えました

巷では
「五年の節目」という言葉が飛び交っています
「物事の区切り目」という意味の
「節目」という言葉に
何かが終わる 打ち切られる 取り残される
といった不安感や嫌悪感 危機感を
覚える方も少なくありません

お釈迦さまは
人は愛と欲望の世間の中にあって
独り生まれ 独り死し 独り去り 独り来る
と仰せになり
人のいのちは 究極のところ
独りであることを 知らされました

かたや
縁起の法を説き
全てのいのちが
関係しあい 支え支えられながら 生きること
それ以上に 生かされるいのちであることも
明らかにされました

「震災支援を続ける会」の私たちは
被災された方々の
苦悩に寄り添うことは出来ませんが
「五年の節目」を過ぎても
忘れずに 関わり続けてまいります
同じく苦悩と孤独を生きる者として
被災地の方々に関わらずにはおれません

いかんせん
小慈小悲もなき凡夫の活動です
お叱りやアドバイスをいただきながら
また
多くの方々のお力添えを賜りながら
震災復興支援活動を続けてまいります

如来大悲を垂れて
哀愍納受し給え

佛暦二五五九年(国際暦二〇一六年)三月十一日
震災支援を続ける会 釋○○

12821570_1036269339786280_8948699800919538937_n 247178_1036269449786269_3658361860337254799_n

なお、恐縮ですが、活動支援金は下記にて承っております。ご協力お願いします。
三菱東京UFJ銀行 中もず支店(店番456)
普通 口座番号0137055
震災支援を続ける会 代表幹事 石﨑博敍
シンサイシエンヲツヅケルカイ ダイヒョウカンジ イシザキヒロノブ

今年最後の亘理町 支援活動

3日間の活動を終え、大阪まで帰ってまいりました(*゚▽゚)ノ♪

12499025_10206230188501667_1825552067_o
本日も240食分のたこ焼きは完売!(売って無いけど( ̄▽ ̄;))
澄み渡る青空の下で嬉しいひと時でした(*´▽`*)

535103_10205693048913513_471182462565027746_n

308655_10205693048593505_1727133957860884715_n
仮設住宅から災害公営住宅に移られてからのコミュニティー形成のご苦労や、個々に抱えておられる様々なお気持ちをお聞かせいただきました。
ご参画いただいた皆さん!お疲れサマでしたo(^o^)o

1913788_10205693047593480_254065712544436883_n
ご協力いただいたFMあおぞらの京子姉さんをはじめ亘理町の皆さん、そしていつも応援してくださる大勢の方々に厚く御礼申しあげますm(_ _)m
今年の活動は終了しましたが、来年も「震災支援を続ける会」は東北の皆さんに関わらせていただきます!
ヨロシクお願いします!

【参画者大募集!<東日本大震災復興支援活動>】

【参画者大募集!<東日本大震災復興支援活動>】
本日は、東日本大震災と東電福島第一原発事故発生から1,734日が経過しました。
2015年11月12日現在、18万6,602人の方が避難生活を余儀なくされています。(復興庁発表)
震災支援を続ける会は、2016年も復興支援活動を続けてまいります!
1月は下記の通り宮城県気仙沼市と岩手県陸前高田市に赴きます!
全日程参画でなくても、部分日程参画でもかまいません!
ゼヒ!ご参画いただき、地元の方々と交流しながら東北の現状を五感で感じ取っていただきたく存じます。
何とぞヨロシクお願い申しあげますm(__)m

(1)期日:2016年1月23日(土)~26日(火)(活動日は24日(日)と25日(月)。23と26は移動日)
(2)場所:宮城県気仙沼市(24日(日))、岩手県陸前高田市(25日(月))
(3)内容:たこ焼き交流会+イベント実施(イベント内容は現在調整中)
(4)行程:A=23日(土)に仙台空港か福島空港経由※で気仙沼入りし宿泊~24日(日)と25日(月)に活動して~26日(火)に帰郷(25日帰郷も可)※今月末の活動後の器材置場により決まります。
B=24日(日)に仙台経由で気仙沼入りし宿泊~25日(月)活動~26日(火)帰郷(25日帰郷も可)
(5)経費:往復交通費、宿泊費、食事代
お申し込み:①名前 ②ふりがな ③年齢 ④参画行程を明記の上、出来るだけ早めに当会fbページ、又は当会メールアドレスまでご連絡ください。
なお、移動方法やチケット手配等は相談に応じます。
以上

【参画者募集!!東日本大震災復興支援活動】

【参画者募集!!東日本大震災復興支援活動】
<拡散希望!!>
「わたり熱気球フェスティバル2015」
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故発生から間もなく4年半を迎えます。
震災支援を続ける会は、来る10月24日(土)~25日(日)に宮城県亘理町で開催されます「わたり熱気球フェスティバル2015」運営委員会からの依頼を受け、イベントブースでのたこ焼き提供に協力することになりました。
つきましては、下記の通り参画者を募集いたしますので、ご参画ご協力くださいますよう宜しくお願い申しあげます。

①参画期日:2015年10月23日(金)~25日(日)
(23日は移動日。活動日は24日。25日はフリー)

②場所:宮城県亘理郡亘理町内長瀞小学校跡地グラウンド
(亘理町長瀞字南原193-1)

③活動内容:たこ焼きの調理・提供、その他

④行程:23日(金)に各自で仙台駅または仙台空港経由で適宜亘理町にご移動いただきます。
※関西(伊丹)発着に限り、当方で航空券の手配をいたします。ご希望の便をお知らせください。
※当会代表幹事・石﨑は、23日(金)伊丹11:00発ANA3175→福島12:05着の便で、会津美里町経由で器材搬出の後、亘理町に入ります。(同行の場合の航空券代(片道)15,900~33,600円)
*24日(土)午前から準備・仕込、午後から提供、終了後撤収。夜はバルーンイリュージョンを楽しみましょう♪
*25日(日)は、基本的に自由です。熱気球登場体験できるかも♪ (石﨑は仙台発の始発便で帰阪します)
☆23日(金)~24日(土)までの参画でもOKです。

⑤経費:往復交通費、宿泊費(1泊分)、食費は各自ご負担ください。(2泊の場合は1泊分の宿泊費は当会にて負担します。1泊分は約4,320~6,200円)

⑥申込方法:(1)名前 (2)年齢 (3)連絡先 (4)往復の移動方法と到着・離脱時間を明記の上、当会までメールでお申し込みください。申込者には追って詳細連絡いたします。

⑦募集人数:6~15人(定員に達し次第締め切ります)

★航空券や宿泊施設予約の都合上、出来るだけ早急にお申し込みください!
皆さまのご協力、何卒よろしくお願いいたしますm(__)m

★活動資金(支援金)のご協力も重ねてお願いしますm(__)m
三菱東京UFJ銀行 中もず支店(店番456)
普通 口座番号0137055
震災支援を続ける会 代表幹事 石﨑博敍
シンサイシエンヲツヅケルカイ ダイヒョウカンジ イシザキヒロノブ

メールアドレス:sinsai@sien-t.info

以上