仮設住宅用 生活用品セット 納入品サンプル

東北で提供した物品です。容量・大きさ・材質などの違いがあってもかまいません。下記と同等のものをご提供ください。

食器用洗剤は下記に列記しておりません。市販の物でしたら銘柄等問いませんのでよろしくお願いいたします。

 

魔法瓶 湯沸かし機能ナシ

img_4413

お椀

img_4414

菜箸

img_4415

やかん(実質量1.7リットル)

img_4416

茶碗

img_4417

img_4418

コップ

img_4419

スプーン

img_4421

皿 大(直径20cm)

img_4422

湯飲み

img_4423

皿 小(12.5cm)

img_4424

ナベ 小(18cm)

img_4425

急須

img_4426

しゃもじ

img_4427

ナベ 大(直径20cm)

img_4428

フライパン(直径26cm)

img_4429

フライ返し

img_4430

包丁

img_4431

まな板

img_4432

スポンジ

img_4433

お玉

img_4434    

 

 

 

拡散希望!! 2016年熊本地震支援活動!

2016年熊本地震被災者宛「生活用品セット提供」(第1次)についてのお願い

震災支援を続ける会は、東日本大震災の時に、多くの方々のご協力をいただき宮城県亘理町に1,162セット、福島県新地町に580セット、福島県楢葉町に1,416セット、合計=3,158セットの生活用品セットを送らせていただきました。
この度の熊本地震でも大きな被害があった阿蘇郡西原村には200戸、上益城郡益城町には2,000戸の仮設住宅が建設される予定です。
仮設住宅は県(行政)が建設し、家電製品等も用意されますが、実際に生活する上でのキッチン用品や食器類はありません。よって、入居されてもすぐに日常生活を送れるように「生活用品セット」が必要とされます。
つきましては、2016年熊本地震に係る支援活動として、同県西原村と益城町の仮設住宅建設に入居される方々に「生活用品セット」を提供すべく、下記の要項で物品、並びに物品購入資金の募集を開始いたします。
皆さまも様々なご縁で、もう既にご支援をされておられることと思います。その意味では重ねてお願いすることになりますが、広く各地・各団体・有縁の皆さまのご協力を賜りますよう何とぞ宜しくお願い申しあげます。

【生活用品セット募集要項】
①提供先:(1)熊本県阿蘇郡西原村(200セット)、(2)同県上益城郡益城町(2,000セット)
②募集品目:(1)プラスチック製衣装ケース(以下の品物を入れるものとして)
(2)茶碗×4
(3)湯のみ×4
(4)お箸×4
(5)お椀×4
(6)コップ×4
(7)お皿【大】×4
(8)お皿【小】×4
(9)スプーン×4
(10)急須
(11)しゃもじ
(12)包丁
(13)まな板
(14)なべ【大】
(15)なべ【小】
(16)フライパン
(17)やかん
(18)菜箸
(19)フライ返し
(20)おたま
(21)ステンレスボトル
(22)食器用洗剤
(23)スポンジ
(24)タオル(梱包に利用します)
※上記の物品がセット内容となります。(2)~(23)の物品をセットにして配送するために下記のご支援をお願いいたします。無理のない範囲で結構です。よろしくお願いします。
③第1次締切:2016年5月末日

(1)物品によるご支援
セット完了品(ケースを含む24品目全てが揃ったもの)はもちろんのこと、単品でのご提供も受け付けております。ただし、被災者の皆さまにお使いいただく生活用品であることを踏まえて、下記のガイドラインに添ってご支援いただきますようお願いいたします。
①すべての物品につきましては、新品・未使用品とさせていただきます。この点は厳守願います。
②各寺院や個人にて24品目全てのセット(ケース含む)をご用意いただける場合は、最寄りの下記収集拠点へご送付願います。なお、中四国・九州地方の方は福岡拠点へご送付ください。セット済みのものがある場合は必ず当会まで個数をお知らせください。セット済みのケース内側には、「目録」の添付をお願いいたします。
申し訳ありませんが、送料のご負担のほどよろしくお願いいたします。
③セット内容の指定の物品(茶碗・湯のみ・皿など)に関してましては、極力明示している個数での提供をお願いいたします。色・柄の違いは問いませんが、出来る限り同じ大きさの物が好ましいです。2個セットや端数でも構いません。
④最寄りの収集拠点に発送いただく場合、申し訳ありませんが送料のご負担をお願いいたします。発送前に必ず収集場所、または当会まで物品名・数量をご連絡ください。
(連絡先:石﨑博敍090-1586-8970(ショートメール可)、crew3hiro@gmail.com)
また梱包は破損等の無い程度で環境に配慮いただければ幸いです。梱包材料が増え、処分費用がかさむことは本末転倒となります。
⑤発送伝票や目立つ場所に内容物品と個数の明記をお願いいたします。
⑥ご支援いただく生活用品は、必ず最寄りの収集拠点にご送付ください。
⑦収集拠点:
A〒533-0032大阪市東淀川区淡路5-11-17 淡路老人介護福祉施設ビハーラ内 震災支援を続ける会宛 電話06-6370-5501
B〒838-0122福岡県小郡市松崎853 眞浄寺本堂裏 三好慶祐 宛 電話0942-72-3708
○。ご参考いただければと存じます。
○また、寺院・諸団体から関係者の皆さまへ配布するサンプル書面も当会ホームページに掲載しています。ご活用ください。

(2)活動支援金のお願い(物品購入資金も含む)
東日本大震災の時には、第1次では緊急を要したため、全物品を業者発注した関係もあり、一口10,000円としてご支援をお願いいたしました。この度は、物品収集を中心とした活動となりますが、新品・未使用品をご提供いただくということで、全品目計2,200セット分収集できない可能性もあります。また、極力経費をかけずに活動する所存ですが、運営上の経費(運賃等)や不足する物品の購入資金が必要になると思われます。
つきましては、活動支援金、不足する物品購入資金のご支援をお願いいたします。
1口1,000円とし、口数は問いません。ご支援いただける方は当会宛にメール・FAX(072-361-8776)にて、お名前・ご住所・連絡先・口数のご連絡をお願いいたします。
送金方法は口座へのお振り込み、または現金書留にて受け付けております。
・振込先:三菱東京UFJ銀行 中もず支店(店番456)
普通 口座番号0137055
震災支援を続ける会 代表幹事 石崎博敍
シンサイシエンヲツヅケルカイ ダイヒョウカンジ イシザキヒロノブ

・現金書留:〒587-0065 堺市美原区小寺827 石﨑博敍
電話090-1586-8970 FAX 072-361-8776

※なお、郵送等で広報・拡散していただけるように、文書ファイルもございます。御入用の方はご連絡いただければメールでお送りしますので、印刷してご利用ください。
※お問い合わせは、石﨑まで。090-1586-8970 crew3hiro@gmail.com

以下に関係書類をアップしましたのでご利用ください。

配布用書面

生活用品セット目録

用生活用品セット募集要項

 

熊本・大分地震

この度の熊本・大分地震において被災された方々に衷心よりお見舞い申しあげます。
主に東日本大震災復興支援活動を行ってまいりました震災支援を続ける会ですが、この度の震災も看過することができず、当会の初期対応として下記の通り活動してまいりたいと存じます。

①各避難所における物資支援について
情報が錯綜しており、何処で何が不足しているのかが掴めない状況下で確実な物資支援が出来かねております。
つきましては、被災地近隣の当会にご縁のある関係者で、実際に避難所に支援物資を届けていただくことができる方がいらっしゃいましたら、支援物資購入資金や運搬費用等を当会から援助させていただきたく存じます。
代表幹事:石崎(090-1586-8970)、幹事:井上(090-4382-6180)、または事務局長:小滝(090-1144-7045)までご連絡ください。詳細についてご相談させていただきます。

②現地入りしての諸活動について
二次災害を考慮して、現在は現地入りしての活動を控えております。受け入れ態勢の有無に関わらず、要請があれば現地入りしての活動いたします。その際には広く参画者を募集いたします。
また、炊き出し等の備品をお貸しいただける方がいらっしゃいましたらお知らせください。
私たちにできることがあれば、可能な限りお手伝いさせていただく所存です。情報やご要望をお寄せください。

最後に、東北の被災地も厳しい避難生活を余儀なくされていらっしゃる方がまだまだ沢山いらっしゃることを私たちは忘れません。

☆★参画者大募集★☆

☆★参画者大募集★☆
5年目の東日本大震災復興支援活動第1弾は「裏磐梯サマーキャンプ5(仮称)」&「荒浜ロックフェス@亘理」です!
それぞれに参画者を募集します!
皆さまのご協力、何とぞ宜しくお願い申しあげますm(__)m

★Ⅰ「裏磐梯サマーキャンプ5(仮称)」スタッフ募集要項
①期日:2016年7月28日(木)~29日(金)
②場所:裏磐梯ユースホステル・五色パラダイスキャンプ場
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ヶ峯1093
TEL:0241-32-2811 FAX:0241-32-2813
URL:http://homepage3.nifty.com/urabandai/
※寝具はあります。
③内容:Aプログラム運営スタッフ
B参加者の班担当
C食事係
Dその他
④基本プログラム(案)(時間、内容は変更する場合があります)
7/28 13:30開会
14:00お楽しみプログラム♪①
16:00夕食準備
18:00夕食
19:30夜のお楽しみプログラム♪
20:30入浴、夜食~順次就寝
22:00消灯~スタッフミーティング~夜回り
7/29 6:00起床・洗面、荷物整理
7:00朝食
8:00お楽しみプログラム♪②
11:30昼食
12:30閉会、参加者散会~後片付け
⑤基本参画行程(案)(時間等は変更する場合があります。参画方法は下記以外でも可。
また、本隊利用の下記の伊丹空港発着に限りチケット等は当会で手配いたします)
【7/27】≪先発隊≫11:00伊丹空港発ANA3175便で空路福島空港へ(12:05着予定)(運賃=¥16,200-~¥20,400-)⇒レンタカー(当会手配)で移動。前日準備の後、会津若松泊。
【7/28】≪後発隊≫ 8:15伊丹空港始発のANA1695便で空路福島空港へ(9:20着予定)(運賃=¥16,200-~¥20,400-)⇒レンタカー(当会手配)で上記会場へ移動(11:20頃到着予定)⇒全体ミーティング、準備、開会。
【7/29】 午後1時頃プログラム終了、後片付け~移動⇒18:15福島空港発のANA1698便で伊丹空港着(19:25頃)(運賃=¥18,900-~¥23,400-)、解散
⑥経費:往復交通費と参加費(3,000円を予定)
⑦募集人数:40人程度(定員に達し次第締め切ります。また参加人数やプログラム内容による調整で変動することがあります)
⑧持参品:1 泊2 日のキャンプに必要と思われる個人備品(着替え等)、バスタオル、タオル(入浴用と汗ふき用)、個人用常備薬、懐中電灯、虫よけスプレー、個人用飲料水等、マスク、軍手、その他必要と思われるもの
※食事係の担当は、エプロンと帽子{バンダナ)等頭皮を覆うもの、マスク。
※詳細は参画申込者に改めてお知らせいたします。
⑨申込方法:下記の項目を明記の上、当会facebookページのメッセージか、石﨑博敍宛のメッセージまたはメールでお申し込みください。
(1)名前(フリガナ)
(2)年齢
(3)先ず、≪先発隊≫or≪後発隊≫(前日入りか当日入りか)を明記
(4)往復参加方法:
A上記伊丹空港発着のANA便
B各自(各会)で参加
(参加方法           )
Cその他(  )
(5)希望する役割(※希望に添えない場合もあります)
Aプログラム運営スタッフ
B参加者の班担当
C食事係
Dその他
※なお、航空会社による割引航空券発売時期が早まっており、安めの運賃の残席が残り少なくなってきておりますので、お申し込みは出来る限り早めにお願いいたします。

★Ⅱ「荒浜ロックフェス@亘理」
①期日:2016年7月30日(土)
②場所:宮城県亘理町
③活動内容:当該イベントでのたこ焼き販売
④基本日程(案)
【7/29】≪先発隊≫は、夕刻に亘理町入りし亘理泊。
【7/30】≪後発隊≫は、午前9時頃までに亘理入りし、≪先発隊≫と合流の後、準備・仕込・販売。
終了後、帰宅組は帰路に、居残り組は亘理泊。
⑤経費:各自往復交通費と宿泊費、食費(一部補助を検討します)
⑥申込方法:下記の項目を明記の上、当会facebookページのメッセージか、メールでお申し込みください。
(1)名前(フリガナ)
(2)年齢
(3)参画日程:A7/29~31、B7/29~30、C7/30~31、D7/30のみ。のいずれかを明記してください
以上